大自然で暮らし、地球で遊び、ヒトの心を癒やす。心理セラピストのブログ♪

自分の人生と夫婦関係に自信が持てる「非常識」な方法

 
ハートの木
この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、遠方の実家に帰省中のコンサル生(ご夫婦)とオンラインでのコンサル。

折角の帰省なのに、どうやら空港でノロウィルスをもらってしまったらしく、一家全滅する事態になってしまったそうで( ̄▽ ̄;)
(ノロウィルス、話を聴く限りではインフルよりタチが悪いですよね( ▽|||))

しかもお子さんたちや実家のご家族も、ノロが治ったと思ったら他の風邪も立て続けに引いてしまい…なかなか大変だったようです。

最近の風邪って抵抗力が弱ってると、ここぞとばかりに攻め込んできますよね。。
このところ少し温かくなってきたとはいえ、読者のみなさんもどうぞ、お体に気をつけてお過ごしくださいね^^

フクシア

さて…話を戻すと、このコンサル生も体調が回復したので、久々に話をすることができました。

そんなわけで、まずは近況をシェアをしてもらうことに。

すると、コンサル生の奥さんがこんな話をしてくれました。

「久々に実家に帰ってきたので、普段会えない友だちと遊びに行きたくて。私も子どもも風邪が治りかけだったんですけど、遊びに行ったんです。

そうしたら、次の日に子どもがまた熱を出してしまって。
実家の家族に、『風邪が治りきっていない子どもを、連れて遊びに行くなんて、親としてどうなの?』と言われてしまいました。

確かに言っていることは、その通りだと思う。
でも、すごく心の中がモヤモヤして…。
「やっぱり親は、自分のやりたいことをガマンしなきゃいけないのか…」と思ったら、苦しくて涙が出てきました。

そのことを夫に話したら、「友だちとは滅多に遊べないんだし、良いんじゃないの?」って言ってくれて。
心がスッと軽くなりました。

それに以前は同じようなことがあった時、夫は「親としての責任は?」という家族の意見に同意していたんです。
でも、今回は私に味方してくれた。
その時は照れくさいのもあって素直に言えなかったけど、それがすごく嬉しかったです。」

花の入ったカゴを持つ女性

ちなみにこのご夫婦は、約1年半前に私たちのコンサルを受け始めた頃は、「離婚するかどうか」という瀬戸際の話ばかりしていて^^;
しかもそれは「夫婦喧嘩」の次元を超えて、毎回「裁判」の話が出てくるようなギリギリの夫婦関係でした。

それが、「夫が味方してくれて嬉しい」と。。

『よくここまで、パートナーシップに取り組み続けてきてくれたなぁ』と、とても感慨深いものがありました。

でも、そもそもこのご夫婦がそんなギリギリの夫婦関係になってしまったのは何故か?

その根本的な原因の1つは、「自分の本音を大切にしてこなかったこと」。

それによって、こんなパターンに陥っていたのです。

本音を大切にしない人が陥りやすいパターン例

このご夫婦は、二人ともが「○○するべき」で物事を選んでいることが多々ありました。
「親として、風邪の子どもを外に連れて行くべきじゃない」も、そう。

花びらに落ちた1つの水滴

「親に認められるためには、人一倍努力するべき」
「子どもが騒いでるから、静かにさせるべき」
「パートナーの実家では、空気を読んで話を合わせるべき」

「誰か」や「世間」の目を気にして、本音を呑み込んできた。
その結果、

「しっかりしなきゃ」と頑張りすぎて、つらい。

頑張れない自分を責めるていく。

頑張っている自分を認めてほしい。

自分のことでいっぱいいっぱいになりすぎて、相手のことを認める余裕がない。

お互いに余裕がなくて、頼りたくても頼れない。

余裕のない相手を見てイライラする。

イライラの原因を解消したくても、感情的になって「責めてる」「責められてる」と感じるような話し合いになる

話し合いに進歩が見えずイライラが溜まって、ちょっとしたことでケンカになる

というパターンに、お互いが陥っていたんですね。

「本音を大切にする」取り組みによる変化

それが、「本音を大切にする」ということに取り組んでもらった結果、こんな変化が生まれたのです。

ピンクのガーベラ

自分の本音を大切にする

「本音」と「本音じゃないもの」の違いに気付く

「本音」は頑張れるし、「本音じゃないもの」は頑張れないことを体験して納得する

頑張れない自分を許せる

余裕が生まれて、相手のことも許せる

イライラしないから、ニュートラルに接することができる

ケンカにならなかった!!

実際、このコンサル生の旦那さんも、この時のことを振り返って言っていました。

「味方しようと思って味方したわけじゃなくて、自然にそう思ったんです。
子どもが熱出したのは結果論だし、滅多に遊べない友だちと遊びたいって気持ち(本音)を大事にしたら良いんじゃないかなって。」

ガーベラの花束

そう、つまり結論は…。

人目気にして頑張るんじゃなくて、

「私、やりたくないことは頑張れませんわぁ~。」

と、空気読まないダメ人間になればヨイ(笑)。

それが自分の人生も夫婦関係もうまくいく、「非常識」な方法の第一歩なんです。

必殺技「だって、そうなんだもん」を使え!

でも、これまで「本音じゃないこと」も頑張るのが当たり前になっていると、感覚がマヒしていることもあって。
自分では本音がわからないこともあるんですよね。

そんなときは、「心のコンパスに従うのじゃ!(by シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ)」を思い出してください。(知らない人は覚えてください。笑)

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

冒頭のコンサル生(奥さん)の話にも、こんな表現がありました。

「心の中がモヤモヤした」
「心がスッと軽くなった」

誰かの言葉に、心が「モヤモヤする」「重くなる」「イヤな感じがする」。それはその言葉が、本音と違うときの感覚。
心が「それはイヤ!」と叫んでるんです。

逆に誰かの言葉で、心が「軽くなる」「ラクになる」「いい感じがする」。そういうときは、本音と合っているときの感覚。
心が「そうそう、その通り~!」と喜んでるんです。

頭では本音がわからなかったとしても、心はいつも知っています。

だから「軽くなる」「ラクになる」「いい感じがする」方へ、進んでみれば良いんです。

それで、どんなに非常識だの何だのと言われようとも。

常識のワクの中で息苦しさを感じながら生きたいか、非常識に気持ちよく生きたいのか。

それだけの話ですから。

 

もっと言えば、

常識のワクの中で心地よく生きられる人もいるけど、自分はそうじゃなかった。

その事実を理解してもらえたり、してもらえなかったりするけど、しょうがないよね。

「だって、それが自分なんだもん」。
「だって、それがヒトなんだもん」。

そうやって、自分の本音を大切にしながら、ヒトとの”違い”を認めながら生きていく。

「だって、遊びたいんだもん」
「だって、今休みたいもん」
「だって私は、そう思わないんだもん」

本音を大切にする呪文「だって、そうなんだもん」は、強力な必殺技です(笑)。

魔法の本

ちなみに「だって、そうなんだもん」は常識のワクの中で頑張っている系の人を、イラッとさせる技でもあります。

なので自分の心の中だけでコッソリ使うもヨシ。
わざとイラっとさせて、荒療治に使うもヨシ。
反撃されて撃沈するも…まぁ経験としてはヨシ。

とりあえず取り扱いには十分ご注意ください(笑)。

「本音」に気がついた、その先にあるもの

これまで気づけなかった自分の「本音」に気がつけるようになったら。

次は自分の「本音」と、自分が言葉や態度で「表現していること」と、自分の認識する「事実」一致させていく。

例えば、今回で言うなら

私は友だちと会う時間を大事にしたい。(本音)
実際に友だちと会って、その時間を大事にする。(表現)
「家族は親としての責任を求めているが、私にとって今は友だちと会う時間の方が大切だから、家族の期待には応えられない」と認識する。(事実)

この一致感が1つでもズレると、苦しいんですよね。

「友だちに会いたい」と言えなかったり、会いに行くのをやめたり、家族の期待に応えようとしたり。
だから、一致させていくことが必要なんです。

(ニュートラルに事実を認識するのも、時にはしんどいかもしれませんが。)

パラグライダー

これを超えると、人生はとても

奇跡的で
ダイナミックで
穏やかで
エネルギッシュで
幸せで
奇想天外で
愛や喜びに満ちて
感動的で
面白くて
素晴らしい

「これこそが、まさに私が望んでた人生だ!!!」

「私にしか歩めない、私の人生だ!!」

と思えるようになる。

そして、夫婦でその道を選ぶと、

「これは私たちににしか歩めない、私たちの人生だ!!」

「この人生のパートナーは、この人しかいない!」

と確信する日が来ます。

 

だから…

夫婦って良い(笑)。

 

私たちも、まだその確信を日々深めている最中ですが、みなさんも自分の人生や夫婦のあり方に、もっと自信や確信を持てますように…。

「夫婦関係」専門コンサルタント、椎名優理でした^^

最新情報がイチ早く届く!

『夫婦関係』専門コンサルタント椎名優理LINE@

★こんな情報を配信中★

・ブログの更新情報
・LINE@限定のシークレットイベントのお知らせ
・LINE@友だち限定コンテンツ
・コンサル、リトリートツアーなどの最新情報&限定特典

LINE@友だち登録特典
電子書籍「パートナーシップ100の言葉」プレゼント

電子書籍「パートナーシップ100の言葉」表紙

友だち追加は下のボタン
または
QRコードから↓

友だち追加

「登録の仕方がわからない…!」
「うまく登録できなかった」
という方は、詳細ページへ^^
写真つきで解説しています☆

この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こころに女神を感じて , 2019 All Rights Reserved.