大自然で暮らし、地球で遊び、ヒトの心を癒やす。心理セラピストのブログ♪

○○語を話せれば、夫婦関係はうまくいく

 
辞書とコーヒー
この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

「夫婦関係がうまくいく秘訣は何ですか?」
ある人に、そんな質問をされました。

せっかくなので、ブログでもこの話をシェアしようと思います^^

私たち夫婦は、夫婦関係がうまくいく一番の秘訣は、対話だと思っています。それは、私たち自身が恋人同士だった頃から大切にしていて、かなり多くの時間を対話に費やしてきたから言えることです。

(対話と会話の違いについては、こちら ⇒ ”会話と””対話”の違い

今だからこそ思うんですが、6年前の私たちの対話って、まだまだ浅かった。(とはいえ、その当時の自分たちにとっては、一番の心の深い部分を話しているつもりでいましたが。)

だから最初はケンカして対話を始めると、お互いに納得できるまでに5時間、6時間対話し続けたりもしました。

そうやって何度も何度も対話を重ねながら、段々お互いのことを深く知っていきました。あと、お互いに自分自身を観察しながら話せるようになったので、対話自体もうまくなっていきました。

それで「対話って、つまり何をしているんだろう」と考えてみたんですね。

お互いの感じていることを話す、聴く、自分自身の心と向き合う。
それはもちろん、大部分を占める。

それと同時に、二人の間で「共通言語」を創っているんですよね。

「共通言語」とは?

「共通言語」、あんまり聴きなれない言葉かもしれません。

共通言語というのは、お互いが同じ意味・同じニュアンスで使える言葉のこと。実は今これを書いている私と、読んでいるあなたとの間でやっていることも、共通言語創りです。

夫婦って同じ日本語を話していても、元々かなり違う言語を使ってるんですよね。それは方言があるとか、そういう意味じゃなくて。

どういうことかというと、例えば「自由」という言葉を使うとするじゃないですか。

「私は、もっと自由にやりたい。」

それを聴いて、「自由=何でもアリで、自分勝手する」というイメージやニュアンスを持っている人は、「そんなのダメだ!」と怒るかもしれない。でも、「自由=ルールは守りながら、ノビノビと」というイメージやニュアンスを持っている人は、「良いねぇ~」と思うかもしれない。

一口に「自由」と言っても、それぞれの解釈が正反対になってしまうこともある。もちろんこれは、他のどんな単語にも言えること。共通言語が少ないと、こういったミス・コミュニケーション(=コミュニケーションのズレ、すれ違い)が起きやすいのです。

だから最初は、「自分たちはフランス語とブラジル語くらい違う言葉を使っているかもしれない」という気持ちでいても良いくらい(笑)。

地球儀

良かれと思って言った言葉で、相手の表情が曇った。なぜかキレられた。それは、1つのサインかもしれません。

「なぜこんなことでケンカになるんだろう!?」と思ったら、それがどんなに些細に感じることでも、丁寧に丁寧に、自分の伝えたい意味やニュアンスを説明する必要があるのです。

そして真意を伝えて、伝わっているかどうかを確かめ合わなければ、そういうミス・コミュニケーションは絶対に減らない。

時間もエネルギーもかかるし、「何でそこまでしなきゃいけないの?!」と思うかもしれないけれど、それを積み重ねることが本当に大事。そして5年、6年続けた先には、対話を重ねた分の価値がきっと見出せるはずです。

ちなみに、私たちもケンカすると最初5、6時間かかっていたと最初にお話しましたが、今ではケンカの後の対話が1時間以上続くことはありません。対話力が磨かれたおかげで、お互いの本音を受け取り合う力もついたし、基本的に共通言語で話せているから余計なすれ違いが生まれないからです。

共通言語を話し、対話の質を上げる近道は?

お互いに共通言語を話すためには、ミス・コミュニケーションが起きた段階で、すぐに対話を始めるのがオススメです。「あとで伝えよう」というのは極力ナシ。

「あとで」になると、本当に言いたかったこと、その時感じたことの細かいニュアンスを思い出せなくなってしまうからです。(それで、忘れちゃったからまぁ良いや…になって、同じことを繰り返す羽目になります。。私たちも、よくやりました^^;)

それに時間が経つと、「あの言葉、どういう意味だったんだろう…」という疑問や疑念をアレコレ考えるうちに、憶測が思い込みに変わってしまうこともあります。そうすると小さかったはずのすれ違いが、大きくなってしまうんですよね。

砂時計と人

だから、その言葉をどういう意味に捉えたのか、どう感じたのか。意図を憶測するのではなく、早めに真意をちゃんと聴く。

場合によっては、その後の約束や予定を遅らせることになっても対話をすることも必要かもしれません。

私たちも誰かをお待たせしたり、仕事を遅らせてでも対話していた時期もありました。(もちろん、その相手の方とも対話ができる前提で。だから夫婦に限らず、対話できる関係って大事なんですよね。)

そのように、なるべく早く、なるべく多くの対話を重ねていくと、対話の”質”が変わってきます。

「つもり」コミュニケーションを卒業しよう

伝えたつもり。
伝わったつもり。
わかったつもり。

「つもり」コミュニケーションでは、夫婦関係はうまくいきません。(これは、全ての人間関係に言えますね^^)

なぜなら「つもり」では、
自分は愛情表現してるつもり⇒相手は愛を感じてない
自分は感謝してるつもり⇒相手は感謝されてないと思ってる
なぁんてこともあるからです。
ちなみに、これは数年前の私たちのこと(笑)。

時間はかかるかもしれない。
かなりエネルギーも必要かもしれない。

でも夫婦の間で本当に心が通じ合ったとき、

二人なら、どこに居ても幸せ。
二人なら、何をしていても幸せ。
二人なら、どんなことでも乗り越えられる。

 

二人だから、本当に生きたい人生が叶う。

 

そんな風に、思えるようになるのです。

海と青空

今の旦那さんと対話をするようになるまでは、こんな人生があることも、これほどの幸せを感じられることも、私には想像できませんでした。

それまでの恋愛も、それまでの人生も、それなりに幸せだと思ってた。

でもね、夫婦関係も人生も、「自分が思ってる程度」のモンじゃないよ

瞬間的に燃え上がって終わる愛じゃなく、穏やかに続く絶頂みたいな世界があるよ。

「つもり」コミュニケーションを卒業した先に、ね^^

セラピスト、椎名ゆりでした。

 

英語力を上げたければ
英語を話せる人と話すのが早いのと同じように、

”対話力”を上げるには
対話ができる人と話すのが一番早くて確実な方法です。

もしあなたの周りに
ちゃんと対話のできる人がいないなら、
私たちと対話をしてみましょう^^

夫婦関係、お金、仕事、子育て、ライフスタイルetc…
本当の望みを夫婦で叶えていくためのコンサルを、夫婦で提供しています。

詳しくはこちらから↓↓↓

ご好評につき、増枠しました^^

最新情報がイチ早く届く!

『夫婦関係』専門コンサルタント椎名優理LINE@

★こんな情報を配信中★

・ブログの更新情報
・LINE@限定のシークレットイベントのお知らせ
・LINE@友だち限定コンテンツ
・コンサル、リトリートツアーなどの最新情報&限定特典

LINE@友だち登録特典
電子書籍「パートナーシップ100の言葉」プレゼント

電子書籍「パートナーシップ100の言葉」表紙

友だち追加は下のボタン
または
QRコードから↓

友だち追加

「登録の仕方がわからない…!」
「うまく登録できなかった」
という方は、詳細ページへ^^
写真つきで解説しています☆

この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こころに女神を感じて , 2018 All Rights Reserved.