大自然で暮らし、地球で遊び、ヒトの心を癒やす。心理セラピストのブログ♪

「”向き合う”って、つまりどういうこと?」の答え

 
向かい合うカップル
この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

「”向き合う”って、つまりどういうことですか?
ただ向かい合っていればいい…ってワケじゃないですよね?
具体的には、何をしたら向き合ったことになるんでしょうか?」

昨日は千葉からコンサルを受けに来てくださった方が、こんな質問をしてくれました。

おお、確かに(笑)。

 

「自分と向き合う」

「パートナーと向き合う」

私たちは、この言葉って当たり前のように使ってしまってるんですが、確かに「つまり、どういうこと?」って思う方もいるかもしれませんね。

 

「向き合う」とは、つまり…

端的に言うと、私たちの言う「向き合う」というのは、

「意識的に、あるいは無意識的に避けたくなるもの(不快感)」から逃げない。

避けたくなる気持ち
避けている事実や
不快感が「ある」ということを
ちゃんと認める、ということ。

「自分と向き合う」の場合は、自分の心の中に避けたくなるようなものが「ある」という事実を認めること。

「パートナーと向き合う」の場合は、
自分の心の中に避けたくなるようなものが「ある」と
事実を認め、相手に伝わるように表現することであり、
相手にも、それをさせてあげるということ。

一時の衝突や誤解を招く可能性があっても正直に、誠実に、素直に。

自分の考えも、感情も、
どう思われるか心配になるような心の奥にある本音や願いも、
全部出す。思い切って出す。出し切る。

そして、相手がそういう考えや感情や本音を持っているということや、その事実があるということを、認める。受け取る。受け容れる。

それが、「向き合う」ということです。

シャボン玉と氷の結晶

相手に全部出すのが怖いのは「幻想」

もしかしたら、相手の前でそれらを全て出すということは
「最低な人間に成り下がる」と感じることかもしれないし、
「軽蔑される」と感じることかもしれないし、
「自分が大切にしてきたものを失う行為」と感じるかもしれない。

 

でも、大丈夫。
それらの不安や心配は、全て幻想です。

なぜなら、相手はあなたが「自分の全てを出してみよう」と思えるほどの人だからです。

あなたは、あなたが自分の怖さや弱みを告白したときに、その怖さや弱みに追い討ちをかけるような人を、パートナーに選ぶでしょうか?

きっとそうではないはずです。

この人なら、わかってくれるんじゃないか。
この人なら、親身になって一緒に考えてくれるんじゃないか。
「この人なら」というものを、きっと感じているでしょう?

 

だから相手を信じて、相手に伝える前に感じている恐怖なども、先に正直に話してしまえば良いんです。

朝露に濡れる草

あるいは、こんな考え方もあります。

パートナーはあなたの鏡です。

あなたは、もしもパートナーが勇気を振り絞って、自分の怖さや弱みを伝えようとしてきたとしたら、どうするでしょうか?

一生懸命、気持ちに寄り添ってあげよう、わかってあげようとするのではないでしょうか?

同じなんです。相手も、あなたも。

 

それに、そういう「前置き」があった上で話が始まると、人って自分に想像できる限界のところまで「最悪の想定」を勝手にしてくれるもので(笑)。

大概は、「え、今までそんなこと気にしてたの?!」「それって別に普通なんじゃない?」「そりゃあ、しょうがないよー」みたいな反応が返ってくるものです。

あるいは、相手が自分の想像を上回る体験や考えを話してくれたり(笑)。

「向き合った」あとに、残るもの

自分が心を開いた分だけ、相手も心を開いてくれる。
ヒトって、そういうものなんですよね。

だから本当に向き合えたときって、「あぁ、良かったなぁ」という安心感や幸福感、満たされている感覚が残ります。

自分自身との向き合いも、パートナーとの向き合いも、他の誰かとの向き合いも然り。

「分かってもらえて良かった」
「分かってあげられて良かった」
「怖がる必要なかったんだ」
「何があんなに不快だったんだろう?」と。

心がスッキリと、晴れやかな気持ちになるはずです。
これは向き合えたかどうかの、1つの指標ですね^^

あ、あと最後に1つだけ。
「避けたくなるようなもの」って、必ずしも悪いものばかりとは限りません。

が、長くなりそうなので、その話はまた明日。

 

「夫婦関係」専門コンサルタント、椎名優理でした^^

最新情報がイチ早く届く!

『夫婦関係』専門コンサルタント椎名優理LINE@

★こんな情報を配信中★

・ブログの更新情報
・LINE@限定のシークレットイベントのお知らせ
・LINE@友だち限定コンテンツ
・コンサル、リトリートツアーなどの最新情報&限定特典

LINE@友だち登録特典
電子書籍「パートナーシップ100の言葉」プレゼント

電子書籍「パートナーシップ100の言葉」表紙

友だち追加は下のボタン
または
QRコードから↓

友だち追加

「登録の仕方がわからない…!」
「うまく登録できなかった」
という方は、詳細ページへ^^
写真つきで解説しています☆

この記事を書いている人 - WRITER -
「夫婦関係」専門コンサルタント / feel it副代表 / アーティスト 昭和58年11月生まれ。千葉県出身、鹿児島県沖永良部島在住。 『海がキレイな自然豊かな場所で、仲間家族と好きな仕事をして、”みんな”で子育てをする』という理想のライフスタイルを実現するべく、2019年3月末に夫と娘、親友と共に沖永良部島へ移住。 自然体験アクティビティ専門店『feel it』を夫や友人たちと立ち上げ、自然の中で「本当の自分」や「人生」を見つめるリトリートツアーやアクティビティ、インナーワークなどを提供。 心と自然のガイドをしながら、「本当に自分らしい幸せな人生」を歩むためのメッセージを伝え続けている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こころに女神を感じて , 2019 All Rights Reserved.